株式新聞を無料購読する方法!投資をしながら投資を学ぼう。

Brand selection tips(銘柄選定のコツ)

株式投資に興味があり、証券口座を開設し、さあ株式投資を始めようと思ったときにどの銘柄を選んで良いか迷いますよね。

当然株価の動きはコントロールできませんし、予想は難しいです。

値動きによって損することもあります。ではどうしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サクソバンク証券 一般口座開設

株式新聞を無料で購読し、投資の知識を身に着けよう。

投資を始める際には、情報収集が不可欠です。

無料で見れる情報もありますが、やはり有料版には叶いません。

株式新聞はおすすめですが、会員登録に月額4,400円(税込)の費用が発生します。

 

株式新聞とは株式新聞とは、SBIホールディングス傘下のモーニングスター株式会社が発行するオンライン新聞です。

証券専門誌としてはトップシェアです。

中小小型株や新興市場、IPO(新規上場)の情報も充実しています。また株式以外にも、投資信託や為替、商品など最新情報や相場のデータが充実しています。

 

できれば、無料で購読する方法はないかと考え、調べていくうちに良い方法が見つかりました。

 

株式新聞を運営しているモーニングスター社へ100株投資をして、優待で無料購読クーポンをGETしよう

 

投資を学びながら、リスクも軽減できる銘柄は何かと考えたとき、モーニングスター社へ、まずは100株投資がいかがでしょうか。

 

投資初心者がモーニング社がおすすめな理由

 

企業名
コード
企業概要

株価(R3.5.22 )

 

購入金額(100株単位) 配当 優待
モーニングスター(4765) 投信データ販売と投信運用
セミナーが柱。
株式新聞展開
資産運用関連SaaS,アセットマネジメントに注力。
連続増配に意欲
434円 43,400円 配当3.46%

優待
株式新聞ウェブ版無料購読クーポン
100株以上で6ケ月分(26,400円相当)
500株以上で12ケ月分(52,800円相当)
*3月のみ2,500円相当の仮想通貨「XRP」
(100株以上で獲得)

 

なぜモーニングスタ−社への投資が初心者におすすめかというと、上記 右側の配当・優待の箇所をみてください。

 

株主優待で株式新聞を無料で読むことができます。(100株で6ケ月分、500株以上で12ケ月分)

 

これはモーニングスター社の株式100株(4万3,400円)購入すると株式新聞の6ケ月間の無料購読クーポン(月額4,000円×6ケ月=24,000円)が貰えるということです。

なんと配当+優待で61%前後になります。

 

4,000円×6ケ月分=24,000円
仮想通貨2,500円分

 

合計26,500円分

 

つまり約2年間株主として、株を持ちつづければ、投資資金4万〜5万円分(100株)は回収できる!

 

株式新聞を購読することで投資の知識 スキルが投資をしながら学べます。

 

まさに一石二鳥!

 

優待や配当を貰うには、権利日までに株を保有しなければなりません。
また配当や優待については変更する可能性もあります。
詳しくは企業IRを確認ください。
公式HP モーニングスター 企業 IR情報

 

12期連読の「増配」配当利回り3,24%!

モーニングスターは年々配当も増額しています。

なんと12期連続で増配を発表し、配当額は12年で8.8倍に増加しています。

2021年3月期は前期比1円増の1株当たり16円となっています。

 

年間1500円前後(現在の株価・100株単位)受け取れます。

株価はどうなっている?

 

 

株価は現在は400円〜500円のボックスで推移しているようです。

 

4月に高値522円を付けましたが、現在は430円あたりでもみ合っています。

 

下値は限定的ですので、買い場として良いかもです。

 

 

 

業績についても、2021年度の決算は、経常利益は前年比116%と好調です。

 

コロナの影響でセミナーが、厳しいようですが、私募投信の運用受託増加が続き22年3月期も最高益になりそうです。

 

DMM株の証券口座を開設すると、株式新聞を無料購読できます

 

また、今すぐに株式新聞を無料購読したいなら、DMM株の証券口座を無料開設すれば、スマホアプリから可能です。

DMM株証券は、後発の証券会社ですので他のネット証券会社と比較すると、短所、長所ありますが、株式新聞が無料で購読できる唯一の証券会社ですので、2番手、3番手の証券口座として開設検討するのも良いかもしれません。

 

ネット証券会社比較はこちら↓

証券会社 口座開設日数 手数料 特徴・新規口座開設キャンぺーン等

松井証券

申込後約3日 0円
  • 投資信託取扱数約1,350
  • 「投資工房」というロボアドバイザー利用可能
  • 国内株式手数料無料(1日10万円の取引以内)
  • 25歳以下(信用取引 現物取引)売買手数料無料

SBI証券

最短1日 250円
  • 投資信託取扱約2,650本
  • 少額テーマ投資サービス(テーマごとに10社まとめて10万円から投資)が可能
  • 米国株・ETFの定期自動買付サービスの利用が可能
  • 25歳以下(現物取引)売買手数料全額キャッシュバック

SBIネオモバイル証券

月額制(220円)
  • Tポイントを使って株が買える
  • 1株単位で株が買える
  • 普段のお買い物で貯めたTポイントで株が買える
  • Tポイントが毎月200ポイントもらえる

マネックス証券 公式ホームページ

最短1日 450円
  • 投資信託取扱数約1,200本
  • 高機能トレードシステム(トレードステーション)の利用可能
  • すべての投資信託の購入時手数料無料
 

LINE証券

最短1日 0円
  • 有名企業の株が一株数百円から買える
  • 購入時にラインポイントが使える
  • 決算速報がラインで見れる
  • 投資信託30銘柄購入できる
DMM株DMM 株 公式ホームページ 最短1日 55円〜
  • 25歳以下取引手数料無料
  • 米国株式手数料無料
  • 取引可能な商品が少ない
  • 25歳以下(現物取引)売買手数料全額キャッシュバック

 

最後に

 

今回は株式新聞を無料で購読する方法を紹介させて頂きました。

 

モーニングスター社へ100株単位で、購入すると優待クーポン(6ケ月分)で無料購読できますが、500株以上ですと、永久的に無料ということになります。

 

優待や配当を加味すると、非常にお得な銘柄です。

 

株式新聞で取り上げられる銘柄は、人気化し、株価に影響を与えるケースも多々あります。

 

モーニングスター社については、少額投資で、優待による株式新聞を購読できるといったメリットがあります。

4〜5万円で購入できますので、少額で投資できるといった意味でもおすすめ。

 

*個別銘柄を推奨している訳ではありません。投資を学ぶための自己投資ができる点から、リスク軽減にも繋がる銘柄ではないでしょうか。

 

「投資をしながら、投資を学ぶ」

 

いかがでしょうか?

 

 

紹介する銘柄はあくまで銘柄選びの参考にしてください。銘柄を推奨するものではありません。投資は自己責任でよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

コメント