小3の娘の米国株投資。ウォルト・ディズニーにお年玉を投資する。

Useful information(役立つ情報)

小3の娘は米国のウォルトディズニー株を購入し、株主デビュー。

しかし高いところで175$で購入し、現在158ドルまで下落。

娘はショックを受けてますが、相談して、さらに買い増ししました。

パパ
パパ

ミッキーが自分のために踊っていると思うとワクワクしない?

娘

大丈夫かな

 

 

 

スポンサーリンク

子供への投資教育は早ければ早いほど良い

幼少期における金融教育は子供の将来のプラスとなります。

 

パパ
パパ

私が娘に投資をさせている一番の理由は将来の進むべき道を自分で選択してほしいから。

 

投資をすると経済の動きを理解できます。

たとえばアメリカの経済は強く、日本経済が弱いのはなぜなのか。

学校では教えてくれません。

資産運用投資を学ぶことで、将来自分がどのような進路を進むべきなのかを考えるきっかけとなるでしょう。

米国株投資は、子供にもおすすめです。

日本株は基本的には100株単位で購入しないといけません。

たとえばディズニーが好きだから、日本でオリエンタルランドの株式を取得しようと思えばいくら必要だと思いますか?

R4・1月11日時点の株価は18,500円。

つまり株主になるには185万円必要です。

子供にはとても無理です。

ですが、米国株ですと1単元から購入できます。

米国のウォルト・ディズニー株は156$ほどですので、日本円で18,000円ほどで購入できます。

そう考えると、比較的購入しやすいのではないでしょうか。

実際の投資の状況は?

娘の小さいときから貯めていたお小遣いは郵便局に貯金していましたが、小3になり、ある程度お金の理解度が出てきましたので、このタイミングで貯金から投資へ。

 

ウォルト・ディズニー株を現在7口 1086$保有。

平均取得額157$ 現在日本円で−600円ほど。

為替の変動で購入金額も変わりますので、為替の勉強にもなります

さらに娘への投資教育の一環でお年玉も投資へ。

マイナスが膨らみ不機嫌でしたが、ようやく持ち直してきました。

為替の勉強にもなるので、一石二鳥。

父の威厳を保つためにミッキー頼むよ🙏

ウォルト・ディズニーへの投資は今がチャンス!

ウォルト・ディズニーへの投資は長期投資で考えると、リスクはさほどないかと考えています。

娘には難しいですが、テクニカルやファンダメンタルからみても現在のチャートは上昇トレンドです。

ディズニー+の会員の伸びが鈍化したことや配当がないことから、株価が一時下落していましたが、現在150$前後のボックスを形成して、落ち着きを見せています。

R4.1.12時点

上記はウォルト・ディズニーの株価チャートです。

ウォルト・ディズニーはNYダウ30種に組み込まれている銘柄ですが、大きく乖離しています。

これは代表的な米国のS&P500の指数とも同じような状況です。

今後はこの乖離を埋めていくことが期待できます。

またコロナの影響などの悪材料もほぼ出尽くし、株価には織り込まれていますので、その点は安心です。

メタバース関連としても、ディズニーが本格的に参画すれば更におもしろい

2021年11月に米ディズニー社のCEOがメタバース参入計画を発表しました。

さらに2021年12月28日にヘッドセットやメガネなしで拡張デジタルワールドを楽しむことが可能となる「Virtual World Simulator(バーチャルワールドシュミレーター)」の特許を取得しています。

この特許は、身につける端末なしで乗客が同時に3Dバーチャルワールドを体験できる、現実世界でのテーマパークのアトラクションの制作に関するものです。

ディズニーのメタバースはワクワクしますね。

最後に

子供でも証券口座が作れるのかなと思いますが、可能です。未成年口座というものがあります。

証券会社では、未成年でも投資を行うのに口座開設が可能です。年齢の下限の設定はありません。

0歳からでも取引可能です。(信用取引やFXは18歳もしくは20歳以上)

ですが、ほとんどが親権者の同意書と住民票や戸籍抄本などが必要になってきます。

また親権者が口座を開設していなければなりません。

ちなみに私はSBI証券を利用しています。

ジュニアNISA(未成年口座)外国株式を取り扱っているのはSBI証券だけのようです。

またジュニアNISAは年80万円までは非課税で運用ができるのでおすすめですね。

今後もブログで娘の投資の近況をお伝えしていきたいと思います。

たのむよミッキー。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

スポンサーリンク

コメント