楽天モバイルのデメリットは日本郵政との資本・業務提携で解消されるのか

Brand selection tips(銘柄選定のコツ)

楽天の株価が暴騰し,制限値幅いっぱいの23%・300円のストップ高まで上昇。

同時に日本郵政の株価も一時3.6%も上昇し,資本・業務提携がマーケットから好感された。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サクソバンク証券 一般口座開設

楽天モバイルのデメリットは日本郵政との資本・業務提携で解消されるのか

楽天モバイル のデメリットとして、店舗数が少ないこと。近くに店舗がなければ高齢者などは契約しずらい。

楽天モバイルの店舗は、現在200店ほど。

既存のキャリア(ドコモ au ソフトバンク)は全国にそれぞれ2,000店舗を展開している。

しかしここに全国の約24,000ある郵便局が販売店舗に加われば、歩いて行ける距離に楽天モバイルの店舗があり、高齢者でも負担なく契約することが可能となる。

プラン料金1年間無料や1ギガまで0円は他のキャリアと比較してもメリットではないか

筆者も楽天モバイルと契約して、もうすぐ1年。

楽天ミニ1円キャンペーンで楽天ミニを契約し、モバイルルーターとして活用。

普段使いのアイフォンは楽天ミニをテザリングで活用して使用。地方在住であるが、問題なく使用できている。

1年間使用し、今後解約するかどうか試案中ではあるが、1ギガ無料という新プランまで発表されたことで、とりあえず引き続き契約をしていこうと思う。

高速モードを利用しなくても動画の閲覧(YouTube)等は可能なことから、高速モードを切り、使用することでギガ容量も消化せずに活用できるのが魅力的だ。

これなら実質無料で使用できるのではないか。

新プラン発表後、一気に300万回線を突破した模様し、楽天モバイル 一年間無料キャンペーンも4月7日で終了とのこと。

楽天の株価はこのまま上昇するのか

今後の株価の動向を予測するためのチェック項目

1.業績

売上伸びに対して営業利益は赤字。モバイル事業の影響。こちらは将来に渡る投資とみて織り込み済み。日本郵政との提携で今後の事業続伸に期待。

2.出来高

日々の出来高は急激に上昇しているが、15日時点では約1億2,000万株に対して17日時点では約5,000万株。通常600万株前後の出来高なので、現在の出来高をこなせれば更なる上昇も

3.信用買残 空売り残 回転率

信用買い残の上昇が気になるが、回転率も高く、株主の新陳代謝ができている。出来高が今のペースであれば、上昇も見込める

4機関投資家の空売り状況

直近では、バークレイキャピタル以外はほとんど撤退している。

空売りネット

最後に

株価の予測はできませんが、取り巻く環境は総じて良し。低迷していた期間も長く今後の株価が気になります。楽天モバイル事業も楽しみなところであります。

著者より:投資は自己責任でお願いいたします。

 

スポンサーリンク

コメント