【2021年7月厳選】株初心者が投資するならこの銘柄。銘柄選定のコツ。

Brand selection tips(銘柄選定のコツ)

投資の銘柄選定には非常に迷います。

当たり前ですが、上昇する銘柄に投資したいですよね。

本日6月末時点でのおすすめの銘柄を紹介致します。

銘柄選定のコツとしては、株の情報サイトやニュース等で選定していません。実際の企業の商品等の売れ行きを市場から確認しています。また公開されている業績とチャート分析も行っています。

需給は日々変化しますので、あくまで現時点のおすすめ銘柄になります。

 

出来高が落ちない事
空売り機関の動向
信用買い残の推移
マーケットの地合いが良いこと
上記の条件が必須となります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サクソバンク証券 一般口座開設

厳選銘柄はこれだ

まずはMTG(7806)になります。

 

MTG ホームページより

シックスパッドや美顔ローラー「リファ」で有名な美容・健康器具を扱うMTGですが、2018年7月に東証マザーズに上場し、当初はメルカリに続く大型上場ともてはやされました。

 

シックスパッドではCMにクリスチャン・ロナウドを広告起用して大きな話題となりました。上場後は一時8,000円台まで株価は上昇しましたが、中国での販売不振や不適切会計などで、大きく売上を落としています。2019年には株価が700円台まで下落しました。

 

しかし、2019年の決算では、売上高360億4600万 営業利益−144億2100万 経常利益−146億9800円から

 

2021年の実績予想では、売上高400億 営業利益300億 経常利益330億を見込んでいます。

たった数年で劇的な回復をみせています。

 

会社説明の動画を拝見しましたが、それぞれのブランドが確実に伸びていますし、実際に商品を購入しようと思っても入荷待ちで、購入できないものもあります。

 

シャワーヘッドが良いらしく注文しましたら、納期待ちでした。

また日本初の指輪型のキャッシュレス決済「エブリング」をMTGの子会社が販売開始します。

 

エブリング公式ホームページ

エブリングは日本初のVisaのタッチ決済対応のプリペイド型スマートリングです。

5月に公式ホームページで3000個限定販売して、あっという間に完売しました。

7/1から予約販売が開始されますが、数量限定ですので、すぐ売り切れることでしょう。

 

株価推移

 

株価は2000円台を回復してきています。

直近では11日連続陽線、5月辺りから出来高も一段高となっています。空売り機関の動きも見られないため、素直に上昇している模様です。

今後の株価推移については、さらに出来高を伴えば2,000円〜3000円までの上昇が見込めそうです。

次の厳選銘柄はこれだ

ネクステージ 証券コード(3186)

 

ネクストステージHPより

愛知県名古屋市に本社を置く、中古車販売の企業です。中古車販売大手です。

なぜいま中古車なのか?

 

答えは半導体不足による新車の納期遅れです。

 

各メーカーは年明けから減産を強いられ、販売に影響が出ています。特に人気者の納車は、数ケ月伸びて半年程度かかるようです。

 

トヨタの人気小型車「ヤリス」を買おうとした友人は2〜3ケ月だった予定が、2ケ月さらにかかるというらしい。国内メーカーの中では半導体不足の影響を見越して対応してきたトヨタでさえ、生産調整を余儀なくされているらしい。

 

同じく日産の新型電気自動車「アリア」やホンダの「ヴェゼル」も納車が遅れている。

納車遅れは5月以降に目立つようになっているようです。

そこで中古車が売れているというこです。

 

先日、ネクストステージで友人が軽自動車を購入しました。

担当者からは凄い勢いで売れています)とのこと

 

車検切れなど、今すぐ車が必要な需要があるようです。ネクストステージは中古車販売会社でも、他社との差別化を明確にして販売車数を伸ばしているようです。

中古車のみならず、新古車等も多く取り扱い、メーカーで購入しようと考えていた新車希望の顧客を取り込んでいるようです。

またオプション等で独自コーティングなどのサービスを行い、付加価値をつけて販売していることで利益率を確保しているとか。

 

半導体不足は世界的にも長期化する見方があります。

 

中古車市場が賑わうのは必然ですね。

 

株価推移

株価は直近で1,900円を超えてきています。

 

出来高はまだそれほどですが、30万前後で推移しています。トレンドは上向きですので、このまま出来高が上昇すれば、上値を追う展開になりそうです。

業績好調でPERは19倍程度、7月4日に中間決算が発表される予定です。

短期投資の場合は決算跨ぎには注意が必要です。

機関投資家に目をつけられば、売られる可能性がありますので注意を。

現時点では機関の動きはなさそうですが、第一四半期決算では、クレディ・スイスが売り仕掛けをしています。

最後に

 

銘柄選定の気づきは日常にあります。

・MTGは、ネット上で商品の欠品が見られるということ。
・ネクストステージは半導体不足による新車の納期遅れが、中古車市場の流れてきているということ。

このような情報は身の回りから得られるものです。

株のサイトなどより、旬な情報は日常に目を向けていると気づく事ができます。

銘柄選定には、自らの気づきで行いましょう。

 

紹介する銘柄はあくまで銘柄選びの参考にしてください。銘柄を推奨するものではありません。投資は自己責任でよろしくお願いします。

スポンサーリンク

コメント